法人・個人事業主向けの損害保険なら、損害保険コンサルタントのいる日新火災専属代理店のあおば総合保険株式会社にお任せください。

保険営業21年の豊富な経験と高い知識で貴社を守ります!

損害保険のことなら「教えて!損害保険」

「教えて!損害保険」の運営は

あおば総合保険株式会社

〒260-0852 千葉県千葉市中央区青葉町1234

損害保険トータルプランナー

当社は損害保険トータルプランナー、CFPのいる保険代理店です。

営業時間

平日9:00〜18:00
土曜9:00〜17:00

※臨時定休あり

休業日
日曜・祝日

お見積りは各フォームへのご入力をお願いします。

※ご注意:お電話では「保険料」のお答えはできません。

043-208-1635

「教えて!損害保険」の主な最近の実績

令和元年度
日新火災 全国優績代理店表彰
平成31年度

日新火災 全国ファミリー会員コンテスト
労災あんしん保険部門1位

平成31年度
日新火災 全国ファミリー会員コンテスト
増収部門2位

法人・個人事業主の皆様へ 損害保険の活用で会社を守り安定した右上がりの経営を!!
損害保険なら当社へお任せください!

統合賠償責任保険ビジサポ
施設のリスク、業務遂行のリスク、生産物・仕事の結果の事故の補償など

統合賠償責任保険ビジサポの基本補償Ⅰ基本補償Ⅱをご紹介します

統合賠償責任保険ビジサポ(施設・業務遂行中の事故)

統合賠償責任保険ビジサポ基本補償(Ⅰ施設業務特約)

日本国内における施設の所有・使用・管理または業務(仕事)の遂行に起因する他人の身体の障害や財物の損壊等について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

施設のリスク

施設の所有、使用または管理により生じた事故

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ

工事中に足場が倒れ、通行人に重い後遺障害をあたえてし まった。

店舗の看板が落ちて、 通行人にケガをさせてしまった。

エレベータの誤作動でお客さまが扉にはさまれてケガをした。 

業務遂行のリスク

業務(仕事)の遂行により生じた事故

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ

食事を運んでいる際に、誤ってお客さまの衣服に食事をこぼし汚してしまった。

自転車で荷物を配達中に通行人にぶつかり、大ケガをさせてしまった。

顧客工場内の機械の修理作業中に、作業ミスで機械の部品を壊してしまった。 

※自動車または原動機付自転車(作業場内専用車を除きます。)の所有・使用・管理に起因する事故は補償されません。 ただし、業務の通常の過程として一時的に管理している財物に対する事故は補償します。


保管(借用・受託)財物・借用不動産のリスク

業務(仕事)の遂行のために他人から借りている財物(不動産を含みます。)または保管・修理等を目的として預かっている財物の損壊等

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ

工事現場で、借りていた建設機械をぶつけて壊してしまった。

賃借している店舗を、調理中の火事で焼失させてしまった。

倉庫で預かっている荷物が盗まれた。

支払限度額1事故 1,000万円限度(注1)

※自動車または原動機付自転車(他人から借用・リースしたもので作業場内に所在するものまたは登録番号のないものを除きます。)、運送貨物の損壊等は補償されません。

※業務の通常の過程として一時的に管理している財物は保管(借用・受託)財物にあたらないため、 この支払限度額は適用されません。

 借用不動産の修理のリスク

業務(仕事)の遂行のために、他人から賃借するまたは施設の運営管理を受託する不動産を損壊等した場合の修理費用

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ

賃借している店舗のドアが泥棒に壊され、法律上の損害賠償責任は発生しなかったが、貸主との契約に基づいてドアの修理費用を負担した。

支払限度額1事故 300万円限度(注1)

(基本特約Ⅰ)基本補償に自動的に追加される補償

 情報漏えい・ネットワーク事故補償

施設の所有・使用・管理または業務(仕事)の遂行により、情報漏えい・ネットワーク事故が生じた場合の損害賠償責任や事故対応の費用

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ情報漏えい

会員の個人情報が記載されたリストを紛失し、損害賠償請求を受けた。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ情報漏えい

パソコンがサイバー攻撃を受けウイルスに感染。電子メールを通じて取引先の情報システムも感染させ、取引先より業務を妨害されたとして、損害賠償請求を受けた。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ情報漏えい

情報漏えい事故後の対応について弁護士相談費用を支出した。

支払限度額1事故・保険期間中 3億円(事故対応の費用は1,000万円)限度(注1)

国外業務補償

日本国外において一時的に行う業務(仕事)により生じた事故

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ国外業務補償

海外出張中に取引先の備品を壊してしまった。

支払限度額1事故 1,000万円限度(注1)

人格権・宣伝侵害補償

施設の所有・使用・管理または業務(仕事)の遂行による人格権侵害または宣伝侵害

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ人格権・宣伝侵害補償

エレベーターの管理不備が原因でお客さまが閉じ込められ、精神的ショックを受けたとして、損害賠償請求を受けた(人格権侵害)。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ人格権・宣伝侵害補償

新聞広告に用いた絵が著作権を侵害しているとして、損害賠償請求を受けた(宣伝侵害)。 

支払限度額1事故 5億円(宣伝侵害は1,000万円)限度(注1)

業務外個人行為補償

業務(仕事)に直接起因しない個人の行為により生じた事故(注2)

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ業務外個人行為補償

休憩時間中に自転車で 買い出しに行く途中、通行人にぶつかり、大ケガをさせてしまった。

支払限度額1事故 2億円限度(注1)

データ等損壊復旧費用補償

施設の所有・使用・管理または業務(仕事)の遂行による他人のデータまたはプログラムの滅失・破損

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰデータ等損壊復旧費用補償

取引先の事務所でパソコンの出張修理作業を行っている際に、誤ってデータを消失させてしまった。

再作成費用または1,000万円のいずれか低い額を法律上の損害賠償金として基本特約の補償の対象とします。

(注1)保険証券記載の支払限度額といずれか低い額となります。また、事故の種類またはご契約の条件により限度額が異なる場合があります。詳細につきましては、同ホームページ内の「ビジサポ概要」をご参照ください。

(注2)記名被保険者の指示または管理下において、通常の業務を行う時間中(休憩時間を含みます。)または業務が行われる場所と住居との間の往復途上中の事故に限ります。

統合賠償責任保険ビジサポ(施設・業務中の事故の補償)

統合賠償責任保険ビジサポ(基本特約Ⅰ)オプション

①被害事故弁護士費用等補償特約

従業員が営業中に自転車にひかれケガをした。治療費を請求したが応じてくれないため、弁護士に相談した。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ被害事故弁護士費用等補償特約

他人の行為による事故によって記名被保険者等 が被った被害について、損害賠償請求を行う場合の弁護士費用や法律相談費用を補償します。

※自動車、原動機付自転車に搭乗中の事故は補償されません。

支払限度額1事故・保険期間中100万円限度

②対物超過復旧費補償特約(注1)

建設業者が建物建築中に、クレーン操作を誤り隣ビルの給水タンクを損壊。修理費が時価額を超えたが、修理費の全額を請求されてしまった。 ●時価との差額費用→100万円

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ対物超過復旧費補償特約

他人の財物の損壊等について、修理費が財物の時価額を超えた場合に、その差額の費用を補償します。

※過失相殺が適用される事故の場合は、相手側過失分を差し引いて保険金をお支払いします。

※保険金お支払いの条件として、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金が支払われる場合であること、弊社が対物超過復旧費の発生を認めることおよび被害者が財物を再調達または修理することが必要となります。

支払限度額1事故100万円限度

③被害者治療費等補償特約(注2)

店内でお客さまが転倒し負傷。法律上の損害賠償責任は発生しなかったが、その治療費を弊社の同意を得て負担した。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ被害者治療費等補償特約

被害者に対する治療費や葬儀費用を補償します。

被害者1名につき50万円、1事故・保険期間中1,000万円限度(注3)

④コインロッカー等収納財物見舞費用補償特約

温泉施設のコインロッカーが何者かに ピッキングされ、お客さまの財布が盗まれてしまった。法律上の損害賠償責任は発生しなかったが、見舞金を支払った。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰコインロッカー等収納財物見舞費用補償特約

施設の利用者向けに設置するセイフティボックスやコインロッカーなどに一時的に収納された財物の損壊等が発生し、慣習により見舞金を支払うことによる損害を補償します。

被害者1名につき1万円、1事故1,000万円限度(注3)

⑤財物損壊を伴わない使用不能損害補償特約(注2)

工事中にクレーンが倒れてしまった。 周囲に損害はなかったが、近隣店舗で休業による収益減少が生じた。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ財物損壊を伴わない使用不能損害補償特約

事故により、他人の財物を損壊等せずに、他人の財物を使用できなくしたことによる収益減少などの損害賠償責任を補償します。

  • 支払限度額1事故1,000万円限度(注3)

⑥工事遅延損害補償特約
 

工事中に火事が発生し、工事の対象物が半焼。その結果、納期に間に合わず損害賠償請求を受けた。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ工事遅延損害補償特約

基本補償で補償される事故が発生し、工事が 遅延した場合の法律上の損害賠償責任を補償します。

支払限度額1事故1,000万円限度(注3)

⑦地盤崩壊危険補償特約

地下工事により土地が沈下し、近隣の建物が損壊し、住民から損害賠償請求を受けた。 

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ地盤崩壊危険補償特約

地下工事等に伴う地盤の崩壊による工作物、 土地等の損壊による損害賠償責任を補償します。

支払限度額1事故・保険期間中1,000万円限度(注3)

⑧漏水対象外特約(施設業務特約用)

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅰ漏水対象外特約

給排水設備等からの漏水事故を補償対象外とします。

(注1)「生産物特約」、「保管財物特約」、「管理自動車特約」、「運送貨物特約」をセットする場合、これらの特約にもこの特約をセットしていただく必要があります(施設業務特約にのみセットすることはできません。)。

(注2)「生産物特約」をセットする場合、生産物特約にもこの特約をセットしていただく必要があります(施設業務特約にのみセットすることはできません。)。

(注3)保険証券記載の支払限度額といずれか低い額となります。また、事故の種類またはご契約の条件により限度額が異なる場合があります。詳細につきましては、同ホームページ内の「ビジサポ概要」をご参照ください。

統合賠償責任保険ビジサポ(生産物・仕事の結果の事故の補償)

統合賠償責任保険ビジサポ 基本補償(Ⅱ生産物特約) 

記名被保険者が日本国内で製造・販売し、その占有を離れた財物(生産物)や完了・引渡し後の業務(仕事)の結果に起因する身体の障害や財物の損壊について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。 

生産物のリスク

生産物により生じた事故 

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ

製造した食品が原因でお客さまが食中毒をおこしてしまった。

製造した電子レンジから出 火して、火災が発生。家が焼失してしまい、住人がケガをした。

販売したお弁当のなかに異物が混入しており、お客さまが口の中を切ってしまった。

仕事の結果のリスク

業務(仕事)の結果により生じた事故

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ

設置したクーラーが取付不備により落下し、下にあったテレビを破損させてしまった。

ドアの取付けが不完全でドアが外れ、住人にケガをさせてしまった。

施工完了後に外壁のタイルがはがれ、通行人にケガをさせてしまった。

基本補償に自動的に追加される補償

 国外流出生産物補償

日本国外に持ち出された生産物により生じた事故

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ国外流出生産物

国内向けに製造したドライヤーに欠陥があり、旅行者が海外で使用中に発火し火傷を負った。

支払限度額1事故 1,000万円限度(注1)

  データ等損壊復旧費用補償

生産物または業務(仕事)の結果による他人のデータまたはプログラムの滅失・破損

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱデータ等損壊復旧費補償

お客さまのパソコンを修理し引き渡した後に、 パソコン内のデータが壊れていることが判明した。 

再作成費用または1,000万円のいずれか低い額を法律上の損害賠償金として基本特約の補償の対象とします。

人格権・宣伝侵害補償

生産物または業務(仕事)の結果による人格権侵害または宣伝侵害は、Ⅰ施設業務をセットした場合に、施設の所有、使用、管理または業務(仕事)の遂行による人格権侵害とあわせて補償します。

生産物または業務(仕事)の結果による人格権侵害または宣伝侵害

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ人格権・宣伝侵害補償

メンテナンスを請け負ったエレベーターが、 メンテナンス不良により停止。長時間閉じ込 められた人から損害賠償請求を受けた。 

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ人格権・宣伝侵害補償

広告に使用したイラストが著作権を侵害しているとして、損害賠償請求を受けた(宣伝侵害)。 

支払限度額1事故 5億円(宣伝侵害は1,000万円)限度(注1)

(注)保険証券記載の支払限度額といずれか低い額となります。また、事故の種類またはご契約の条件により限度額が異なる場合があります。詳細につきましては、同ホームページ内の「ビジサポ概要」をご参照ください。

生産物・仕事の結果の事故の補償 オプション

①生産物・仕事の目的物自体損壊補償特約

製造した電子レンジから出火して火災が発生し、周りの家財が焼けてしまった。出火した電子レンジの回収、交換費用が発生した。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ生産物・仕事の目的物自体損壊補償特約

基本補償で補償される事故が生じた場合に、事故の原因となったその生産物や仕事の目的物自体の損壊またはその使用不能についての損害賠償責任や回収、検査、修理、交換、廃棄するための費用を補償します。

※次の財物の損壊に起因する損害賠償責任はこの特約の補償の対象になりません。(「②不良完成品損害補償特約」をセットすることで補償します。)

①完成品(生産物を原材料・部品等として使用して製造または加工された財物のうち、生産物以外の部分)

②生産物もしくは完成品が機械・工具である場合に、その機械・工具によって 製造または加工された財物

支払限度額1事故500万円限度(注1)

②不良完成品損害補償特約

製造した小麦粉に異物が混ざっており、納入先が製造したパンが出荷できなくなったとして、損害賠償請求を受けた。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ不良完成品損害補償特約

次の①または②の財物の損壊またはその使用不能についての損害賠償責任や回収、検査、修理、交換、廃棄するための費用を補償します。

①完成品(生産物を原材料・部品等として使用して製造または加工された財物のうち、生産物以外の部分)

②生産物もしくは完成品が機械・工具である場合 に、その機械・工具によって製造または加工された財物

支払限度額1事故・保険期間中1億円限度(注1)

③対物超過復旧費補償特約(注2)

配管工事業者が施工したビルの配管工事ミスにより、階下に水濡れ。事務所内設置のコンピュータが水浸しで全損に。コンピュータの買替費用を全額請求されてしまった。

●時価との差額費用→100万円

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ対物超過復旧費補償特約

他人の財物の損壊について、修理費が財物の時価額を超えた場合に、その差額の費用を補償します。

※過失相殺が適用される事故の場合は、相手側過失分を差し引いて保険金をお支払いします。

※保険金お支払いの条件として、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金が支払われる場合であること、日新火災が対物超過復旧費の発生を認めることおよび被害者が財物を再調達または修理することが必要となります。

支払限度額1事故100万円限度

④リコール事故補償特約

製造・出荷したイスの脚が折れてケガをするおそれがあることが判明したため、製品の回収を行った。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱリコール事故補償特約

生産物の欠陥、品質保持期限の表示誤り、食品への異物混入等により、事故の発生またはそのおそれがあるため、日本国内に存在する生産物の回収等に要した費用を補償します。

お支払いの対象となるのは、リコールの実施および事故の発生またはそのおそれが、新聞、雑誌、行政庁への文書による届出など客観的に明らかとなった場合に限ります。

支払限度額1事故1事故・保険期間中3,000万円限度(注1)

⑤財物損壊を伴わない使用不能損害補償特約(注3)

工事終了後に壁が崩れてしまった。 周囲に損害はなかったが、近隣店舗で休業による収益減少が生じた。

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ使用不能損害補償特約

事故により、他人の財物を損壊せずに、他人の財物を使用できなくしたことによる収益減少などの損害賠償責任を補償します。

支払限度額1事故1,000万円限度(注1)

⑥被害者治療費等補償特約(注3)

販売した商品の使用方法を誤り、購入したお客さまがケガを負った。法律上の損害賠償責任は発生しなかったが、その治療費を日新火災の同意を得て負担した。 

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅱ治療費等補償特約

被害者に対する治療費や葬儀費用を補償します。

支払限度額 被害者1名につき50万円、1事故・保険期間中1,000万円限度(注1)

(注1)保険証券記載の支払限度額といずれか低い額となります。また、事故の種類またはご契約の条件により限度額が異なる場合があります。詳細につきましては、同ホームページ内の「ビジサポ概要」をご参照ください。

(注2)「施設業務特約」、「保管財物特約」、「管理自動車特約」、「運送貨物特約」をセットする場合、これらの特約にもこの特約をセットして いただく必要があります(生産物特約にのみセットすることはできません。)。

(注3)「施設業務特約」をセットする場合、施設業務特約にもこの特約をセットしていただく必要があります(生産物特約にのみセットすることはできません。)。

ビジサポのおすすめポイントその1:示談交渉サービス

  • 示談交渉サービスは売上高・完工高1億円以下のご契約に自動付帯

日新火災が直接相手方と示談交渉を行うため、事故に慣れていないお客様でも安心。

統合賠償責任保険ビジサポ示談交渉サービス

賠償責任保険に示談交渉サービスがないとき

 

統合賠償責任保険ビジサポ示談交渉サービス

示談交渉サービスがないと被害者と示談交渉するのは事故を起こした会社・個人事業主様。保険会社、代理店との相談をしながらすすめますが、特に人身事故の時は対応に苦むものと思われます。

賠償責任保険に示談交渉サービスがあるとき

 

統合賠償責任保険ビジサポ示談交渉サービス

示談交渉サービスがあれば、被害者との示談交渉は日新火災が行いますので精神的に安心できます。

ビジサポのおすすめポイントその2:情報漏えい・ネットワーク危険が自動補償(Ⅰ施設業務特約)

従来の統合賠償責任保険ビジサポでは情報漏えい・ネットワーク事故の補償が特約となっていましたが、2019年の統合賠償責任保険ビジサポでは情報漏えい・ネットワーク事故の補償が基本補償化(一部の職種を除く)となりました。これにより情報漏えい・ネットワーク事故の補償をまとめて補償することが出来ます。

自動車事故の発生率※1
 

 

統合賠償責任保険ビジサポ情報漏えい・ネットワーク事故

※1:日新火災の2018年実績

企業には様々な損害リスクがありますが、代表的なのは自動車事故。社有車の自動車事故も気をつけなくてはいけません。

中小企業※2における情報セキュリティ
事故の発生率※3

 

統合賠償責任保険ビジサポ情報漏えい・ネットワーク事故

※2:従業員100名以下

※3:「2016年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」参考 出典:独立行政法人情報処理推進機構HPより

サイバーリスクは自動車事故より高い確率で発生しています。ひとたび被害に遭ってしまえば経営リスクになりかねません。

ビジサポのおすすめポイントその3:管理財物が基本補償(Ⅰ施設業務特約)

従来の統合賠償責任保険ビジサポでは管理財物の補償が特約となっていましたが、2019年の統合賠償責任保険ビジサポでは管理財物は基本補償化となりました。これにより管理財物をまとめて補償することが出来ます。

2018年までの統合賠償責任保険ビジサポでは管理財物(支給財物、その他管理財物、借用財物、受託財物)は特約でした。

  • 支給財物→特約
  • その他管理財物→特約
  • 借用財物→特約
  • 受託財物→特約

2019年の統合賠償責任保険ビジサポは支給財物、その他管理財物を「他人の財物」へ含めています。

  • 支給財物→他人の財物(基本補償)
  • その他管理財物→他人の財物(基本補償)
  • 借用財物→保管財物(基本補償:保険金額は1000万円※まで)
  • 受託財物→保管財物(基本補償:保険金額は1000万円※まで

※1000万円以上の補償が必要な場合は基本特約Ⅲの保管財物で対応可能です。

自動補償される管理財物の事故例
  被保険者 事例
事例1 エアコン設置業者 店舗でお客様が購入したエアコンを、被保険者が店舗からお客様の家まで運んで設置作業中に、誤ってエアコンを地面に落としてしまい破損させてしまった。
事例2 清掃業者 被保険者がビルの窓ガラス清掃中に、作業員が腰からぶらさげていた金具が窓ガラスにぶつかり窓ガラスにひびが入ってしまった。
事例3 美容院 美容院でカットの際、お客様からお預かりしていたコートに従業員が誤ってパーマ液をこぼして汚損させてしまった。

これらは契約者、被保険者の一般的な認識としては、仕事に起因して補償される事故であり、事故時にトラブルになるケースがしばしありました。統合賠償責任保険ビジサポではⅠ施設業務特約で自動補償されるので安心です。

 

ビジサポのおすすめポイントその4:対物超過復旧費補償特約(任意特約)

財物への賠償は時価額が限度ですが、この特約では、修理(交換)費と時価額の差額を100万円まで補償します。

事例:外壁の張替工事の際、もともとあった給湯器を破損させてしまった。給湯器が古く、交換部品がないため全損となった。

統合賠償責任保険ビジサポ対物超過復旧費補償特約

対物超過修理費用特約で18万円の差額を認定

他人の財物を損壊または損壊等した結果、修理費が財物の時価額を超えてしまう事が多々あります。損害賠償金額は時価額までとなりますので、統合賠償責任保険ビジサポでは時価額までしかお支払いされません。対物超過復旧費補償特約を付帯する事によって時価額との差額費用100万円を限度にお支払いすることができます。

事故の例:リフォーム工事業

吹き付け塗装中にお客様の車に塗料が飛散。修理費は180万円掛かるが被害者の車の時価額は100万円の場合。

基本特約Ⅰに対物超過復旧費補償特約が有りの場合→180万円のお支払い

基本特約Ⅰに対物超過復旧費補償特約が無しの場合→100万円のお支払い 差額の80万円は被害者が負担?

対物超過復旧費補償特約は

  1. 基本補償(Ⅰ施設業務特約)
  2. 基本補償(Ⅱ生産物特約)
  3. 基本補償(Ⅲ保管財物特約)
  4. 基本補償(Ⅳ管理自動車特約)
  5. 基本補償(Ⅴ運送貨物特約)

に付帯する事が出来る特約です。

統合賠償責任保険ビジサポの次ページ「基本特約Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ」はこちら!
「ビジサポ基本特約Ⅲ、Ⅳ、Ⅴはこちら」をクリック

統合賠償責任保険ビジサポの基本補償(Ⅰ施設業務特約)(Ⅱ生産物特約)

高倉 秀和

統合賠償責任保険ビジサポの基本補償Ⅰ、Ⅱについて「教えて!損害保険」運営:あおば総合保険(株)の高倉が教えます。それぞれの基本補償についてどのようなケースで必要かを解説します。

基本補償(Ⅰ施設業務特約)が必要な職種は?

基本補償(Ⅰ施設業務特約)は事業を行う全ての業種の皆様へおすすめします。例えば、以下の施設・設備や仕事中の行為が原因で生じた事故にかかわる法律上の損害賠償責任がこの基本特約の対象となります。

(例1)施設・設備

商店、飲食店、アパート、事務所、学校、工場、看板、映画館、ゴルフ場、公園、遊園地、美術館、プール、その他各種公共建物、エレベーター、エスカレーター、各種工事現場など

(例2)仕事

ビル・道路等の建設や改修工事、建築物の設備工事、ビルメンテナンス、運送、上記の施設・設備で行われる仕事 など

※ご案内、お引受けが出来ないお仕事もございます。

基本補償(Ⅱ生産物特約)が必要な職種など

基本補償(Ⅱ生産物特約)は被保険者が製造・販売し、その占有を離れた財物(生産物)による事故や、仕事の終了・引渡し後の事故にかかわる法律上の損害賠償責任がこの基本特約の対象となります。

(製造業)農林水産物生産、食料品・衣料品・木材・ガラス・電器・光学機器製造 など

(製造販売業)料理飲食店、パン・弁当製造販売 など

(販売業)デパート、食料品・雑貨販売 など

(請負業)ビルの建設工事、土木工事、ガス・水道・道路等の施工・改修工事、ビルメンテナンス、運送など

※ご案内、お引受けが出来ないお仕事もございます。

保険料はどのように決定するの?

保険料は

  • 政府労災に準じたリスク区分
  • 売上高・完工高※
  • 保険金額・補償内容のセット

によって決定します。

売上高・完工高の無い一部のご契約(公立学校、公園、看板など)については、「人数や面積」が算出の基礎となります。

法人・個人事業主の皆様向け「統合賠償責任保険ビジサポ」の補償内容について

統合賠償責任保険ビジサポのご案内
 

統合賠償責任保険ビジサポってどんな賠償責任保険?ご案内ページはこちら

統合賠償責任保険ビジサポ基本特約Ⅲ、Ⅳ、Ⅴについて

保管財物、借用不動産、管理自動車、運送貨物などの補償をお探しの方はこちら

統合賠償責任保険ビジサポ概要について
 

統合賠償責任保険ビジサポをもっと詳しく見てみたい方はこちら

統合賠償責任保険ビジサポ事業種類一覧について

自社の統合賠償責任保険ビジサポの事業種類を確認したい方はこちら

法人・個人事業主の皆様向け「統合賠償責任保険ビジサポ」の保険料例、業種別事故例

「統合賠償責任保険ビジサポ」の保険料例
 

建設業、製造業、運送業など統合賠償責任保険ビジサポの保険料例はこちら

「統合賠償責任保険ビジサポ」業種別事故例

仕事中の賠償事故ってどんな事故があるの?業種別の事故例についてはこちら

「統合賠償責任保険ビジサポ」の必要性

中小企業、個人事業主には何故賠償責任保険が必要なの?賠償責任保険の必要性について詳しくはこちら

法人・個人事業主の皆様へ「工事の保険」「労災あんしん保険」をご案内します!

【建設業、工事業向け】法人・個人事業主の皆様へ「工事の保険」

統合賠償責任保険ビジサポをご検討中で工事業の皆様には「工事の保険」を同時におすすめします。「工事の保険」の詳細は次のページへおすすみください。

「工事の保険」のご案内

「工事の保険」お見積りフォーム

統合賠償責任保険ビジサポをご検討中で従業員がいるまたは下請を使われる企業・個人事業主の皆様には「労災あんしん保険」を同時におすすめします。「労災あんしん保険」の詳細は次のページへおすすみください。

「労災あんしん保険」のご案内

「労災あんしん保険」補償内容

「労災事故の事例」ご紹介

「労災あんしん保険」ご契約事例のご紹介

「労災上乗せ保険」の必要性

「労災あんしん保険」見積りフォームはこちら

統合賠償責任保険ビジサポについて見積り・お問合せ・ご相談はこちら

あおば総合保険株式会社のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
法人・個人事業主の皆様向け統合賠償責任保険(ビジサポ)のお見積り・お問合せ・ご相談はお電話または問合せフォームにて受け付けております。

教えて!損害保険問合せ

お気軽にお問合せください。法人・個人事業主の皆様からご連絡をお待ちしております。

統合賠償責任保険(ビジサポ)についてお電話でのお問合せはこちら

043-208-1635

お電話の受付時間:9:00~17:00(日祝を除く)

お見積りをご希望の法人・個人事業主の皆さまへ

統合賠償責任保険(ビジサポ)のお見積りは無料で承ります。お問合せから3営業日以内にお見積り結果をご連絡いたします。まずはお問合せフォームまたはお電話からお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

あおば総合保険(株)

お電話でのお問合せはこちら

043-208-1635

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

関連サイトのご紹介「教えて!」シリーズ

個人向け火災保険について解説しています。